けっこう繊細なリンちゃんなのだ。
d0085148_21182381.jpg

える君を撮影していたらなんか視線を感じました。
そして振り向いたらリンちゃんが
「あなた何やってるの?気に入らないなぁ~」
って言いたげな瞳でこちらを見ていました・・・・

っていうか・・・かなり冷ややかな瞳でみつめられました・・・
(ちょっと監視係、ビビリましたw)



そういえば、える君を診察したついでに
リンちゃんが以前調子を悪くしたとき
ここの病院(高坂動物病院)がお休みだったので
違う病院(「鳥の病院」)へ行ったことを先生に報告し、
そこの病院でお薬を処方してもらい一週間飲んですっかり元気になったので
その後あらためて病院へ行かなかったことも言いました。
じつは「鳥の病院」の先生に『その後の状態が知りたいのでまた来てください』
と言われてたんですけどw

高坂動物病院の先生にあらためて
『なにか原因は思い当たりますか?』
と聞かれて、そういえば・・・
リンちゃんが嫌いで絶対に乗らない「セメントパーチの止まり木」を使ってほしくて
一日のうちにほとんどそこにいるお気に入りの場所の止まり木をクリックが
セメントパーチに付け替えたそうです。

そこの場所ならあきらめて乗ってくれるだろうとたかをくくっていたそうです。

たしかに調子が悪くなるちょっとまえからいつもと居る場所がちがうなぁ~
とは思っていたのですが監視係は止まり木を替えたことは知らなかったので
「???」って思っていただけであまり気に留めてませんでした。

(その新たに居た場所がケージのなかで「一番寒い場所」と思われるところだったので
リンちゃんがおかしくなった時点ですぐにはずして元に戻しましたからご安心を!)

「そういうわけで寒いところに居たのが体調が悪くなった原因のひとつかも?」
と先生に言ったら、なんと!!

『その止まり木を替えたせいですごいストレスを感じたかもしれませんね~
たぶんストレスからその症状がでたと思われますよ。』と・・・

「え!?え?・・・はい?・・・ほええぇぇぇl----!」

「ストレスですか!あの・・・すごくゼィゼィと喘息のような呼吸していたんですよ!」

『ストレスからあばらの骨の脇のところをパカパカしてるインコを見たことがありますよ~』

『それに感染症とかの病気だったら一週間くらいの抗生物質の投与じゃ治らないですから(笑)』
・・・と先生・・・・。


それってまじ?・・・・まじですか?・・・・本当にまじですか?(うろたえw)
まぁ~重大な病気でなかったのはすごくよかったですけど、
インコも人間社会と同じでストレスで体調が悪くなるんですね・・・
そのストレスをリンちゃんに与えてしまったわたくし達は激しく反省。。。

リンちゃんにはストレスを与えるのは良くないと心に刻んだ出来事でした・・・・。
(もちろん、すべてのインコさんがリンちゃんみたいじゃないのでご参考までに。)
[PR]
by kurirun | 2012-01-10 22:41 | リンちゃん
<< 気に入らない仕草はかわいいね! 嫌われてしまいました・・・・ >>